連続講座5: 周波数

連続講座1:エネルギーを感じる

連続講座2:ヴィジョン 

を先にご受講ください

 ==================

 

連続講座の5つめは、「周波数」です。

これまでの連続講座1~4は、エネルギーを感じてリラックス状態に入ってヴィジョンを感じたり、創造のしくみについて学んだり、高次の想いを受けとったりしました。

次の「連続講座5:周波数」では、以下のことについてお話します。

 多次元宇宙

・ パラレルワールド

・ 多次元

・ 0

・ ∞

・ void

・ クォンタムジャンプ

・ 素粒子、Reiki、最小単位

・ 座標

・ 周波数(バイブレーション)

・ 次元

素粒子については、物理分野で、いろいろと解明されていっています。

(ご興味のあります方は、「シュレディンガーの猫」という実験について検索してみてください)

電子は粒であり波である、

ということを知ったとき、とても衝撃を受けました。

”観察者”とは一体何なのか

みていないとき、月は存在するのか?

存在する可能性がある、としかいえない。

実は、すべて可能性にあり、選んでいる(チューニングを合わせている)ものをみています。

理科の授業で「物質の最小単位は原子」と習ったのですが、原子よりももっともっと細かくわけることができて、細かい単位の素粒子を観測していると、3次元の物理法則では考えられない動き(多次元移動)をしていたりする、というところが、量子物理学で明らかになってきています。パラレルワールドは存在していることが、物理学で解明されています

こうしたことを学んでいただくことによって、創造のしくみは、「本当のことなんだ」と思えてきます。

わたしは、こうしたことは宇宙や自然から教えてもらったり、音について感覚を広げているうちに、このようないsくみになっていると感じるようになりました。

それらが量子物理学において議論されていて証明されていっていることを知り、学校の物理や数学の授業はとても苦手でしたが、それらは宇宙学自然学なのだと、身近に感じるようになり、物理学や数学の本などを読むようになりました。

わたしの解釈になりますが、ぜひ多次元宇宙について学んでみてください☆

☆☆☆Audio Classに追加予定です☆☆☆